唐組ウェブサイト トップページ

イメージ:紅テント イメージ:紅テント

1988年旗揚げ。座長は唐十郎。
移動式テント劇場、通称『紅テント』で公演を行う。毎年、春と秋に東京だけではなく大阪・長野・静岡・石巻などの地方公演も行っている。 (紅テントとは母胎の象徴であり、体内回帰、虚実を錯覚させる皮膜の空間)

劇団員は芝居に纏わる全てを自ら手がける。舞台セット、美術、照明、音響、衣装、制作や、テント設営(劇場作り)・劇空間を創り上げる。

唐組の公演は雨天決行。大雨の中、テントに落ちる大粒の雨音と戦いながら観客と共にそこにしかない空間を味わい、届ける。 特権的肉体を探し求める令和の河原乞食集団。

公演情報

唐組・第66回公演「少女都市からの呼び声」

作=唐十郎
演出=久保井研+唐十郎

ガラスよりも透明な観念の結晶を目撃せよ!!

【役者陣】
久保井研、稲荷卓央、藤井由紀、福本雄樹、福原由加里、加藤野奈、大鶴美仁音、栗田千亜希、升田愛、藤森宗、松本遼平
全原徳和、重村大介、友寄有司、新美あかね、山田修平、山本十三、岡田篤哉

【公演場所】
東京=下北沢駅前劇場

【公演日程】
2021年1月20日 〜 2021年1月24日

【前売開始】
2020年12月20日

詳細はこちら

劇団員

イメージ:唐組メンバー写真 情熱あるものは門をたたけ